スタッフルームをどう考えるか?

Filed in 管理人かずなのブログ , 設計や現場から 0 comments

こんなお話をしたら、ナースの方々や職員の方々から大きなクレームを頂くと思うが、僕がクリニックを設計する際には、独立したスタッフルーム(休憩室)を、あまり取らないような提案をしている。
診療所の設計の本などをみると、大抵、「職員の福利厚生のためにも、スタッフの休憩室は独立して、心地よくつくった方が良い」…と言うような書き方がされている。

本に書かれている通り、通常、スタッフの方に好まれる休憩室は、左図のように院長室と(スタッフ用の)休憩室の入口が別で、休憩室を独立させる場合が多い。実際、日々、院長先生に細かい注文を付けられるスタッフが、院長の目から逃れられる場が欲しいと言うのも解らないでもない。
ただ、実際に僕が見てきた中では、そうした部屋を設けることで、院長先生とスタッフのコミュニケーションが悪くなったり、関係が険悪になっているのをいくつか見た。ドラマでOLが女子便所で化粧をしながら上司や同僚のの悪口を言っている…と言った場面が実際にあるようで、院長の目が届かない場で、スタッフが院長や患者さんの悪口を言ったり…と言ったことが結構あるのである。
院長にとっても、自分が管理できない部屋(目が届かない部屋)をつくることで、別に悪口を言ったりしているわけでもないのに、何かの拍子で、そんな疑念を抱き、不信を募らせてしまうようなことがあるようだ。

そんな事例をいくつか見てきたことから、私達はスタッフルームを院長の目が届くような空間として提案することが多い。(左図参照)
このプランでは、休憩室(バックヤード)は、院長も入れるようなミーティングスペースとしてつくっており、完全に個別とするべき更衣室をその一角に設けている。
院長室はその奥につくっているのであるが、院長が院長室に入る時にはスタッフと顔を合わせることとなる。
このような何気なく、院長とスタッフが顔を合わせるきっかけづくりや、目が届かない空間を少なくすることで、院長やスタッフのコミュニケーションが図りやすくなるのである。

このようなプランの考え方は、職員の方々にとっては不満を持たれることもあるかも知れない。

もし、ご意見などをお持ちの方がいらっしゃれば、twitterや掲示板、メールなどでご意見をいただければと思います。

Posted by clinic_conf   @   2010年10月16日 0 comments

0 Comments

No comments yet. Be the first to leave a comment !
コメントはこちらから

Previous Post
«
Next Post
»

Warning: require_once(/home/sites/heteml/users/n/e/s/nest-st/web/compass-clinic/wp-content/themes/clinic/footer.php): failed to open stream: Permission denied in /home/sites/heteml/users/n/e/s/nest-st/web/compass-clinic/wp-includes/theme.php on line 1086

Fatal error: require_once(): Failed opening required '/home/sites/heteml/users/n/e/s/nest-st/web/compass-clinic/wp-content/themes/clinic/footer.php' (include_path='.:/usr/local/php5.4/pear:/usr/local/php5.4/lib/php:/usr/local/lang/php/5.4/pear:/usr/local/lib/php') in /home/sites/heteml/users/n/e/s/nest-st/web/compass-clinic/wp-includes/theme.php on line 1086